お中元の選び方と贈り方

お中元は普段お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて、贈るものです。相手は仕事関係の人から友人や親戚など多岐にわたります。贈る時期は7月から8月ですが地域によって少しずつ時期が違うので、渡す相手の住んでいる地域に合わせて贈ると好印象です。このような贈り物は渡す側ももらう側も喪中だと控えないといけないと思う人もいるかと思いますが、お中元に関しては喪中でも問題ありません。

しかし四十九日が過ぎていない場合は、念のために少し時期をずらして暑中見舞いとして贈るのも一つの方法です。お中元を選ぶ時は相手の家族構成や年齢を考慮して、品物を選ぶと良いです。相手が一人暮らしなのに量の多い食べ物や飲み物だと、消費しきれないかもしれません。逆に相手の家族が多い場合は、家族で使える物や大勢で食べる物を贈ると良いです。

予算に関しても明確な金額が決まっているわけではないですが、親族や友人で3000円前後で仕事関係の目上の人で5000円前後が目安です。それ以上の金額の品を贈るのもマナー違反ではないですが、あまりに高額な品だと相手に気を使わせてしまうので、ある程度の金額で抑えるのが良いです。品物を送る時は直接渡しに行くのではなく、郵送で送るのが一般的です。品物だけで郵送するのではなく、熨斗をするのが基本的なマナーです。

さらにいきなりお中元を郵送するのではなく、送り状を送って事前にお中元が届くことを知らせるのもマナーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です