お中元を贈る前に確認しておく事

お中元は日頃からお世話になっている人に対して感謝の気持ちをこめて贈るものです。時期は7月から8月で相手の住んでいる地域に合わせて、品物を送ると良いです。品物の値段は具体的にいくら以上やいくら以下と決まっているわけではありませんが、親戚や友人なら3000円前後で仕事関係の人や目上の方なら5000円前後が一般的な相場です。それ以上の高価な品を選んでも問題ありませんが、あまりにも高価な物だと相手に気を使わせてしまう可能性があるので、ある程度の価格で抑えておくと良いです。

お中元は渡す側も受け取る側もたとえ喪中であっても問題ありません。しかし人によっては気にする人もいるので、自分が送る時は相手が喪中でないか確認すると良いです。もし四十九日を過ぎていない場合は、少し時期をずらして喪中見舞いとして贈ると無難です。お中元には品物に熨斗をつけるのが、マナーでしっかり確認してから送るべきです。

表書きには御中元と書いて、下書きには自分の名前を書くようにします。品物を購入した販売店によっては熨斗をつけてくれる場合もあるので、そのようなサービスを利用するのも良いです。お中元を贈る時は基本的に直接渡しに行かずに、相手に気を使わせないように郵送で送るのが一般的です。さらに相手が職業上利害関係のある仕事関係の人から物を受け取れない人もいます。

そのような人に確認せずに送ると、相手に返送する手間をかける事になるので、必ず事前に確認するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です