お中元を贈る時の注意点

夏が近づいてくると、お中元について考えだすという方も多いのではないでしょうか。最近はお中元を贈るという方も減ってきていますが、でもいつもお世話になっている方や親しい方に感謝を伝えるという意味でも、しっかり贈っておきたものです。でも実は、お中元を贈るときにはいくつか注意点があります。まず、時期についてです。

一言でお中元と言っても、実は地域別に時期が異なります。早い地域では7月初旬から、遅い地域は8月中旬と、微妙に時期がことなっているものなので、どこに住んでいる方に贈るかというところで時期を注意して贈らないと、失礼に当たる可能性があるので注意が必要です。次に注意したいのが、何を贈るかというものです。基本的にこれを贈るというのが決まっているわけではありませんが、ハンカチなど別れを連想させるものはあまりよくないとされていますし、もちろん相手が嫌いなものは贈るべきではありません。

相手の好き嫌いを把握できていればいいですが、把握できていないという場合は好き嫌いの少ないジュースやゼリーなどを贈るのがベストと言えます。逆にお酒やお菓子など、相手の好きなものが分かっている場合は好きなものを贈ると、喜んでもらえる可能性も高くなります。また送るときは、送り状に定型文だけでなく、一言言葉を添えるとより丁寧だと言えます。挨拶もかねて贈るものでもあるので、しっかりと送り状や手紙を添えて、日々の感謝や近況などを伝えられるようにしましょう。

お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です